Purple Wombat-folklore
訳:柏井勇魚(isana@ma.neweb.ne.jp)

Purple Wombat
Purple Wombat - ムラサキウォンバット


There was a little boy by the name of Billy. Billy was an ordinary little boy who did ordinary little boy things, like playing, eating, bathing, destroying things, and going to school. One day, when Billy went down to the bus stop to meet the bus to go to school, he found all of his friends huddled around in a little group, talking about the Purple Wombat.
あるところにビリーという名前の少年がいました。遊んだり、食べたり、お風呂に入ったり、物を壊したり、学校に行ったり...ビリーはごく普通の少年でした。ある日、彼が学校へ行くためにバス停へ行くと、友人たちが小さく固まってムラサキウォンバットの話をしていました。ごく普通の少年がそうであるように、ビリーは好奇心旺盛でした。だから彼はこう尋ねたんです。「ムラサキウォンバットって何?」

"You don't know what the Purple Wombat is?" the children exclaimed disgustedly. For the rest of the morning, they would not go near Billy, always standing far away and staring at him. Then the bus came. Billy, confused, got on the bus along with the rest of the children.
「おまえ、ムラサキウォンバット知らないのかよ!」子供たちはそう叫び、気持ち悪いものでも見るような目で彼のことを見ました。その朝、彼らはビリーに近寄ろうとせず、ずっと遠いところからビリーのことをじろじろ見ていました。やがてバスが来て、彼は混乱しながらも、他のこともたちと一緒にバスに乗り込みました。

"Hey, Mister Bus Driver!" one of the chldren shouted. "Billy doesn't know what the Purple Wombat is!"
「運転手さーん」一人の少年が叫びました。「ビリーは、ムラサキウォンバットのこと知らないんだって!」

The bus driver turned around abruptly. "You don't know what the Purple Wombat is?" he said in disbelief. He ordered Billy to sit in the very back of the bus, all by himself.
運転手は驚いて振り向き、怪訝そうな顔で彼にこう尋ねました。「きみは、ムラサキウォンバットが何か知らないのか?」そして彼は、ビリーにバスの一番後ろに1人で座るように命じました。

Eventually, they got to school, and Billy got off the bus and went to class. Class proceeded normally; the students did the pledge of allegiance and worked on their multiplication tables for a while. Then the teacher led them into a unit on geography. Billy was not really paying attention, but he heard the teacher mention something about the Purple Wombat.
ようやくバスは学校に到着し、ビリーは教室へと向かいました。そして、いつものように授業が始まりました。生徒たちは朝礼を済ませた後、しばらく九九の勉強をしていました。次の時間は地理でした。ビリーはぼんやりしていましたが、ふいに先生がムラサキウォンバットのことについて触れたのを耳にしました。

Billy's hand shot up, and, when the teacher called on him, Billy asked, "Teacher, what's the Purple Wombat?"
ビリーは手を挙げて先生に尋ねました。「先生!ムラサキウォンバットって何ですか?」

"You don't know what the Purple Wombat is?" the teacher cried in alarm, "Get yourself to the principal's office right now, young man. No, no buts -- march!"
「あなたはムラサキウォンバットを知らないの!?」先生は叫びました。「すぐに校長先生のところへ行きなさい!ああ...なんてことでしょう!」

So Billy headed down the long, dark, frightening hallway to the principal's office. He slowly opened the large, heavy door, and timidly entered the room behind it. There, at a large, imposing desk, sat the principal. The principal was a hulking man, balding, with a thin mustache. He spoke in a deep baritone voice. He was enough to frighten little boys like Billy who had been sent to his office almost to tears.
仕方なく、ビリーは暗く長い廊下を歩いて、恐ろしい校長室へと向かいました。彼はそおっと重く大きな扉を開き、こわごわ部屋の中へと入りました。大きく堂々とした机の前に、校長先生が座っていました。校長先生は太っていて、頭は禿げ上がり、どじょうひげを生やしていて、低くよく通る声で話します。彼はとても怖そうでした。校長室に送られたビリーのような小さな男の子は、みんな泣きそうになるのです。

"Well, Billy," he began slowly. "What seems to be the problem?"
「さて、ビリー、何があったのかね?」

"Mr. Principal, I just don't know what's going on today. Everyone's been acting weird, and they're all treating me really badly. Like teacher just sent me to you and stuff."
「校長先生、もう僕何がなんだか分かりません。みんな変なんです。それに、みんなひどいんです。職員室に行けって言った先生だって...」

"Now, Billy, I'm here to help you. I'm the princi-Pal, after all. Heh heh. Can you tell me why everyone's acting so strangely?"
ビリー、私は君の味方だよ。なにしろキョーチョー先生だからね。なんつって、わはは。さあ、話してごらん、何でみんな君にひどいことをするのかな?」

"It's because I don't know what some stupid Purple Wombat is."
「それは、僕がムラサキウォンバットとやらを何だか知らないからです」

"What? You don't know what the Purple Wombat is? That's it. I am calling your mother, young man. Consider yourself suspended."
「なんだって!!お前はムラサキウォンバットを知らないのか?こんのくそガキ!母親に電話するぞ。お前は停学だ、家でよーく考えろ!」

The principal threw Billy out of his office and told him to go home. Billy, crying, began the long walk home. When he got there, his mother was standing in the doorway waiting for him.
校長先生はビリーを部屋から追い出し、家に帰るように命じました。ビリーは泣きながら、家への遠い道のりを歩いて帰りました。彼が家に着くと、お母さんがドアの前に立って彼を待っていました。

"Billy!" she called, sobbing, "I was so worried about you! What happened?"
「ビリー!」彼女は泣きながらたずねました。「とっても心配したのよ!何があったの?」

"Mom," Billy cried, "Everyone was being mean to me and I had to sit in the back of the bus all by myself and the teacher sent me to the principal's office and the principal suspended me, all because I don't know what the Purple Wombat is!"
「ママ」彼は泣き出しました。「みんなが意地悪するんだ。1人ぼっちでバスの後ろの席に座らされるし、先生は校長室に行けって言うし、校長先生は僕を停学にしたんだ。僕がムラサキウォンバットを知らないからって!」

"What? You don't know what the Purple Wombat is?" Billy's mother shrieked. "Go to your room this minute. Go! Just wait until your father gets home!"
「なんですって!あなたはムラサキウォンバットを知らないの?」ビリーのお母さんは叫びました。「自分の部屋に言ってなさい。さあはやく!パパが帰ってくるまで出てきちゃだめよ!」

So Billy marched up the stairs and into his room. He collapsed on the bed, crying. After some amount of time, he heard a car pull in and some doors shutting. His father was home. He could hear his parents talking downstairs but didn't know what they were saying. Then he heard footsteps coming up the stairs, and his door opened.
ビリーは階段を上がって、自分の部屋に戻り、ベッドに倒れこんで、泣きました。何時間かたった後、車がガレージに入る、ドアを開ける音がしました。お父さんが帰ってきたのです。階段の下でお父さんとお母さんが何か話していましたが、何を言っているかは分かりませんでした。やがて、階段を上ってくる足音がして、ドアが開きました。

"Billy," his father began in that lecturing-father tone, "Your mother says you've been acting badly lately. Would you like to tell me what you've done?"
「ビリー」お父さんは諭すような声で言いました。「ママが、お前がとっても悪いことをしたといってたぞ。何をしたのか言ってごらん」

"Dad, I haven't done anything! I just don't know what the Purple Wombat is!"
「パパ、僕何も悪いことなんかしてないよ!ただ、ムラサキウォンバットが何か知らなかっただけなんだ!」

"You...don't know what the Purple Wombat is. Well, in that case, you can just stay in this room all night, mister. And forget about dinner!"
「お、おまえ...ムラサキウォンバットが何か知らないのか!じゃあ、仕方がないな。今日はずっとこの部屋にいなさい。晩御飯は抜きだ!」

Billy's father slammed the door and stormed off. Billy collapsed on his bed, crying his eyes out. He spent the next several hours that way -- lying there, crying, wishing he would wake up.
お父さんは、ぴしゃりとドアを閉めて、起こった様子で行ってしまいました。ビリーはまたベッドに倒れこみ、わんわん泣き始めました。彼はその後数時間、ベッドに横たわり、泣きながら、この悪夢が早く終わることを願いながらすごしました。
Then, in the middle of the night, he heard a voice. It said: "Billy. I am the Purple Wombat, Billy."
真夜中、どこからともなく声が聞こえてきました。「ビリー、私はムラサキウォンバットよ。ビリー」
Billy sat up with a start. He looked around the room, trying to find the source of the voice, but he could not.
ビリーはハッとして起き上がりました。彼は、部屋を見回して声の元を探してみましたが、見つかりませんでした。

"Billy. I am the Purple Wombat. Find me, Billy."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ、見つけて御覧なさい。ビリー」

It was coming from out the window. So Billy got up, put his shoes on, opened the window, and climbed out on to the roof.
それは、窓のすぐ外まで来ていました。ビリーは飛び起き、靴を履いて、窓を開けて、屋根の上に出ました。

"Billy. I am the Purple Wombat."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ、さあ」

Billy jumped down off the roof and followed the voice down the road. He got to the edge of a wood.
ビリーは屋根から飛び降り、声のするほうに向かって道を歩いていきました。やがて彼は森のそばまでやってきました。

"Billy. I am the Purple Wombat. Follow me, Billy."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ。さあ、おいでなさい、ビリー」

The voice was coming from inside the wood. It was very dark and very frightening, but Billy didn't care. He had to find out what the Purple Wombat was. So, bravely, he entered the wood.
声は、森の中から聞こえてきます。森は暗く、とても恐ろしげでした。でもビリーは気にしません。彼は、ムラサキウォンバットは何なのかを知らなければならなかったんです。だから、彼は勇敢にも森の中へと入っていきました。

"Billy. I am the Purple Wombat. Keep going, Billy."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ。そう、そのまままっすぐ、ビリー」

Billy kept going into the wood. He could hardly see anything, and he kept falling down and walking into things and hurting himself. But he kept going, driven by a need to find this enigma that kept calling his name.
ビリーは森の中を進んでいきました。ほとんど何も見えず、すぐに転んだり、何かの中に飛び込んで怪我をしたりしました。でも、彼は進み続けました。彼の名前を呼び続けるあの謎の正体を見極めたい、というその一心で。

"Billy. I am the Purple Wombat. This way, Billy."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ。さあ、こっちよ、ビリー」

Eventually, Billy emerged from the wood. He was on the shore of the town lake.
急に視界が開けると、そこは湖のほとりでした。

"Billy. I am the Purple Wombat. I'm out here, Billy."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ。すぐそばにいるわ、ビリー」

It was coming from out across the lake. Billy got one of the small rowboats from the dock, untied it, and rowed out. Since he was only a small boy, it was very difficult. But he had to find out what the Purple Wombat was.
声は池の向こうから聞こえてきます。ビリーは小さな手漕ぎボートがつながれているのを見つけました。彼は縄を解き、湖へと漕ぎ出しました。でも、彼は小さな男の子です。彼にとってそれはとても難しい仕事でした。それでも、彼はムラサキウォンバットが何なのかを知らなければならなかったのです。

"Billy. I am the Purple Wombat. Row, Billy."
「ビリー、私がムラサキウォンバットよ。さあ、漕いで、ビリー」

The voice was coming from across the lake. Billy doubled his effort, and the boat began to move a little faster. When he was about half way across the lake, he heard: "Billy, I am the Purple Wombat. I'm up here, Billy."
声は池の向こうから聞こえてきます。彼はさらにがんばりました、ボートは少しだけ早く進み始めました。彼がようやく池の中ほどまで来たとき、また声が聞こえました。「ビリー、私はムラサキウォンバット。上よ、ビリー」

It was coming from directly above him. Billy stopped rowing and stood up to look for it. The boat tipped over, dumping him in the lake. Billy didn't know how to swim, so he drowned.
いまや、それは彼の真上にいます。ビリーは漕ぐのをやめて、それをよく見ようと立ち上がりました。そのとき、突然ボートがひっくり返り、彼は湖へと投げ出されました。しかし、ビリーは泳ぐことができなかったので、そのまま溺れ死んでしまいました。




Moral: Don't stand up in a boat.
教訓:ボートの上で立ち上がってはいけません。


Credit
作者不詳。欧米でかなり一般的に語られている逸話のようです。