Junkyard Review     index     top


14:35 Jan.23 2001
星の地図の中のプロットが意味するもの

SETI@home 第二段階に突入
http://setiathome.ssl.berkeley.edu/images/skymap_gaussians_10000.gif
1年半で約50万年計算時間を稼いだSETI@homeは第二段階に入った
この間、1億2500万の有意である可能性のある信号が観測されているが、それを星図上にマッピングして、同じ場所で2回以上観測されたデータをプロットしたもの。その観測が1回なら、ノイズや、携帯電話などの反射波の可能性があるが、天球の同じ位置から観測されているとすれば、少なくとも天体現象である可能性が高い。

もう一度地図を見よう。2回観測の赤いプロットに混じって3回の黄色、4回以上の緑がまばらながら打たれているのが分かるはず。あそこには、何かがあるかもしれない(まあ人工衛星かもしれないけどね)

もしかしたら、が書きこまれた地図はやっぱりどきどきするものだ。地図ってのはこうでなくちゃ。

SETIについての個人的見解はこっち
http://www.lizard-tail.com/isana/archive/text/essay03

by isana kashiwai