Junkyard Review     index     top


Oct. 23 2002
IMAX『SpaceStation』

http://www.imax.com/spacestation/

IMAXの『SpaceStation』(@東京・品川プリンス)を見てきました。国際宇宙ステーションのクルーにIMAXカメラを持たせて撮ってきた映像や打ち上げシーンなんかが次から次へと出てきます。
マニアックに見れば、幾らでも楽しみどころはあるのかもしれませんが、地球を背景にしたスペースシャトルやIISの美しさや、無重力の映像だけで充分楽しめます。なんだか、いちいち説明するのがアホらしくなるような映像です。今月末までやってます。ロケット好きの方はぜひどうぞ。

それにしても、CGや特撮を使わない映像はその事実だけでこんなにも魅力的なものなんですねえ。今も、あそこには人がいて地球を見下ろしているんだと思うと、やっぱりワクワクします。

感想は、「行きたい!見たい!飛びたい!」に尽きます。ああ、いいなあ。


音については、相方日記で詳しく書いているので割愛。うお、相変わらずやのお。

3D映像については、生まれつき両眼視ができないため体験することができませんでしたが、充分に楽しかったです。昔の3D映像はリフレッシュレートが遅すぎて、片目の私にはとてもじゃないけど見れたものじゃありませんでしたが、96コマ/秒のIMAXは大丈夫。立体視できない人でも十分楽しめます。撮影時の画角の広さと、スクリーンの大きさで、十分迫力も臨場感も感じられますです。

IMAXの3Dシステムは、右目用と左目用の画像を交互に投影し、観客がかけたメガネを同じタイミングで交互にマスキングすることで立体感を作ります。これを1秒間に96回やるわけです。IMAXのメガネは液晶になっていて、その明滅でマスキングを行っているようです。

それにしても、秒間96コマのスピードにどうやってタイミングを合わせるんだろう・・・あ、公式サイトに載ってました。画面からの信号をメガネで拾って同期しているみたいです。うーむなにげに凄いなあ。

(Oct. 23 2002 updated)

by isana kashiwai