Junkyard Review     index     top


Feb. 17 2003
Columbia Lost 2003.02.15

「超高温気体の流入が原因」と断定 シャトル空中分解(CNN.JP)
http://www.cnn.co.jp/science/K2003021400485.html
事故調査委員会は、どうやらシャトルに生じた何らかの「傷」から大気圏突入時の高温のプラズマか流入したことが原因と断定したようです。センサーのデータは耐熱タイルの欠損によって、「間接的に」温度が上昇したとは考えにくく、何らかの穴か亀裂から直接プラズマが流入したと考えられるとのこと。

NASA公式NewsRelease
http://www.nasa.gov/HP_news_03072.html

うむ、でもね、それは素人でも何となく分かるんだよ。問題は、それが「いつ、どこで、なぜ起きたか」の方ですがな。だって、何らかの破壊が起きたのなら、その最初期段階で、プラズマが流入するのは当たり前だもの。これ以外の原因っていうと・・・例えば、制御系のトラブルで、いきなりバラバラになったとかかな。でもセンサーが異常値を示している時点でこの線はほとんどないよなあ。

これを「原因」と表現するのはどうなんだろう。「自動車事故で車が壊れた原因は自動車が何かにぶつかったことです」といっているようなものだぞ。まあ、言い回しの問題だからどーでもいいんだけどね。

っていうか、NASAの公式発表には「暫定的な分析結果」(Preliminary analysis)って書いてあるよ・・・。

NASAからの公式発表には、上に加えて以下のような情報が掲載されていました。
・車輪の位置と空気抵抗のデータを考えると、車輪が早く出てしまったということは、考えにくい。
・破片の調査は継続中。今のところフォートワースから西には破片は見つかっていない。

----------------------------------------------------------

ただ、まだ分かっていないことが多すぎて、シナリオを断定するのはまだ難しそうです。
ちょっとまとめましょうか。

シャトル翼のどこからか、高温のプラズマが侵入したことが「原因」らしい。
いつ、どこで何が起きたのかは、ほとんどわかっていないのが現状です。

最初の破壊箇所について有力なのは二つ。
「主翼の前縁」説と「主着陸脚収納部ドア」説。

後者は、温度上昇の緩やかさや、他のセンサーの異常などから見ても可能性は低そうです。ただ、主翼前縁部の破壊の証拠とされているのは、空軍の施設から「オタクなスタッフが趣味で撮影した」件の画像「のみ」ですから、まだ断定するのは早いかもしれません。

破壊原因にはまだ諸説あります。有力なのは二つ。
「やっぱり、打上げ時の剥落物衝突が原因だよ」説。「そんなもんじゃシャトルは壊れませんよ、スペースデブリか微小隕石でしょう」説。どちらも甲乙つけがたいですねえ。当然ながら、NASAは前者の意見には否定気味です。

また、プラズマ流入による「主翼の構造」そのものへのダメージや制御系への影響から破壊された可能性もないわけじゃありません。主着陸脚部分が問題にされているのは「センサーの異常」がそこに集中しているからです。でも、NASAが述べているように、これは必ずしもこの場所が「原因」だったことを示すものではないかもしれません。センサーの異常は主翼の別な箇所にも起きています。

少なくとも通信途絶から30秒間は何らかの形でシャトルが飛んでいたことは事実のようです。最後の通信の32秒後にシャトルから、「ノイズ」が送信されています。これはこの時点でシャトルのクルーが何らかの通信をしようとしていた可能性があるということです。エンジニア達は、この32秒間のデータを解析しようとしていますが、あまりうまくいっていないようです。

今回、事故調査委員会の最初の報告書の提出は60日後です(ちなみに、チャレンジャーの時は120日)。現在、回収された破片の分析が進められています。これらの結果はまだ発表がありません。

事故から2週間しか経っていません。とりあえず、ここでは結論を急ぐのは止めておきましょう。

(Feb. 17 2003 updated)

----------------------------------------------------------

上に述べた、「32秒間のデータ」ですが、解析を進める中で、3番目と4番目のスラスター(姿勢制御用の小型ロケット)の噴射も行われていたことが分かったそうです。通信を途絶する寸前に、1番と2番のヨー軸(機首を左右に振る動き)をコントロールするスラスターが噴射されていたことが分かっていましたが、その後、さらに2つのスラスターが噴射されていたということですね。

(Feb. 17 2003 updated)

----------------------------------------------------------

Shuttle-Track 日本語版(PDF/633k)
※NASAから発表された情報を元に、勝手に作った地図です。公式のものではありませんのでご注意ください。

微妙にバージョンアップしました。画像を取り込んだのでサイズがさらに膨らみましたよ。あはは。
トリミングの変更(A4→A3に)、位置の微調整の他、「件の写真」の撮影位置(写真も)、「最後の通信」を付加。

(Feb. 17 2003 updated)

by isana kashiwai