Junkyard Review     index     top


Apr. 23 2003
Chain Re-Action

http://www.mainichi.co.jp/digital/network/archive/200304/22/4.html

チェーンメールの性格を持つものは、絶対に転送してはいけない。たとえ、中身にどんなに心打たれたとしても、転送してはいけない。悪戯ならまだいい。もし、それが本物だとしたら、僕たちの送ったメールは、助けを望むその人のメールアドレスをパンクさせてしまうかもしれない。かつて、Rh-の血液が足りない、というチェーンメールがある病院の業務を麻痺させたことがあった。

そのメールを転送することが、本当に誰かを助けるのか、あるいは逆に誰かを危険にさらすのかは、誰にもわからない。その賭けに挑むのは、あまりにも無責任な行為だ。

大げさに言おうか。首に縄をかけた人がいるとしよう。あなたの手には鋏がある。一方の紐を切れば、首にかけた縄が切れ彼は助かる。もう一方を切れば足元の踏み板が外れて彼は死ぬ。ここで取るべき正しい態度は?答えは簡単、鋏を捨てて、壇上に駆け上って縄を外してあげること。それができないのなら、あなたはこのお話の登場人物ではない。心を痛めながら、誰かが壇上に駆け上ってくれることを願いながら、ただ見ているしかない。鋏を手に取る権利はあなたにはない。

自分にも何かができるかもしれない、そう考えられるのは人間としての美徳だ。見たこともない相手に対して、自らを投げかけることができる生き物はそう多くない。でも、僕たちの善意や思いやりが、必ずしもいい結果を生むとはかぎらない。黙ってみていることが、一番ベストなやり方であることだってある。心を痛めながら、無視をすることが必要なこともある。

善意は、時に見えない暴力に化ける。それを忘れてはいけない。

(Apr. 23 2003 updated)

Thanks. M

by isana kashiwai