Junkyard Review     index     top


Apr. 30 2003
ソユーズカプセル国際宇宙ステーションに到着

お迎えのソユーズ、ISSとドッキング (ASAHI.COM)
http://www.asahi.com/science/update/0428/001.html
えー、いきなりですが、この記事間違ってます。いや、まあいいんですけどね。

国際宇宙ステーション(ISS)には、ソユーズが常時脱出用として接続されています。これは、通常、数ヶ月に一度交換されます。シャトルが就航していた頃は、新しいソユーズがくると、古いものは廃棄していたんですが、今回シャトルが来られなくなったということで、この緊急脱出用ソユーズカプセルの交換に合わせて、人員の入れ替えを行うことにしたわけです。

今回のソユーズは人員交代のためにわざわざ打ち上げたわけじゃありません。また、今ISSにいるクルーは5/4に古い脱出用カプセルに乗って帰ってきますし、今回ISSとドッキングしたソユーズは当然、新しい脱出用カプセルとしてISSに残ります。「お迎えのソユーズ」という言い方は、誤解を呼びますよねえ。

さて、これで、3人が帰還する5/4以降、ISSの滞在員は3人から2人に減ることになります。これは、シャトルによる補給が行われない状態で、最低限の維持管理だけを行うための措置です。おそらく、新規の実験なども殆ど行われないんじゃないでしょうか。シャトルの打上げが再開されるまでは、しばらくこの状態が続くはずです。打上げ再開は早くても、来年早々とのことですが、たぶん、もう少しかかるでしょうね。

(Apr. 30 2003 updated)

by isana kashiwai