Junkyard Review     index     top


Jul. 07 2005
検索サイトから来た君へ

はじめまして。

とはいうものの、僕は本当は君が誰なのか、ほとんど知らない。僕はコンピューターに残った君の足跡を見て、君のことを知った。だから僕が君について知っているのは、君の足の形ぐらいだ。でもなんとなくその足跡を見ていたら、君が今まさにインターネットの使い方を学ぼうとしているところような気がしたんだ。間違っていたら、まあ笑ってくれればいい。でももし、君が本当にインターネットのことを知り始めたところなら、これから僕がする話はいつかきっと役に立つと思う。たぶん検索サイトを使うのが少しうまくなるんじゃないかな。まあ、あまり期待せずに、適当に読み流してくれればそれでいい。やたら長いし、そんなに面白い話じゃないから、無理にとはいわないけどね。

最初に書いておこう。僕が君に伝えたいのは「正しい情報とは何か」ということだ。みんな「正しい情報」とか「正確な情報」とか「真実」とか「事実」なんていう言葉を簡単に使うけれど、実はこの言葉はなかなか使うのが難しい。だからこの言葉を聞いたり、使ったりするときには、とても気をつけなくちゃいけない(この文章の中にも沢山出てくるから、僕もなるべく気をつけて使うことにしよう)。僕がこれから話すのはそういう話だ。

*


君は「世界一有名なコーヒーメーカー」のことが知りたくてここへ来たんだよね(先にこっちへ来てしまったなら、その記事はここにある)。え、違う?あー、じゃあ申し訳ないけれど、ちょっとそのつもりになって読んでほしい。

さて、君の欲しい情報は見つかっただろうか?僕の書いた記事は少しは役に立ったかな?それならいいんだけど。君が本当に知りたかったのは何だろう。そのコーヒーメーカーがなぜ有名になったかだろうか? それとも、今どこにあるのかだろうか?良かった、それならちゃんとあの記事に書いてある。

でも、ちょっと待って欲しい。君は僕が嘘をついていないとなぜ分かる?あの記事に書いてあることが正しいと何で分かるんだ?確かに、僕はいろんなサイトのURLを引っ張ってきて、さも真実であるかのようにあの記事を書いた。でも、それだけで信じちゃうのか?もしかしたらリンクの先は全部僕が作ったものかもしれないのに?他のサイトにも同じことが書いてあったから?もしかしたら僕が命令して書かせたのかもしれないぜ。まあ、さすがにそれはありえないけど。

ご心配なく、僕は嘘はついてない。あの記事は僕が一生懸命調べて書いたものだ。大丈夫、あの記事は正しいはずだ。でも、もう君は僕のことを信じていないだろう。そりゃそうだ、あんなことを言った後じゃ何をいっても信用してもらえないよね。

そう、僕が君に伝えたいのは、まさしくこのこと。「正しい」ということはこんなにも曖昧で、変わりやすいものなんだということだ。

*


信じてもらえるかどうかは分からないけれど、僕はあの記事を正しいと思って書いた。なにしろ一生懸命調べたからね。英語のページも沢山読んだし、ドイツ語のページだって読んだ(翻訳サービスをつかったけど)。でも、間違っていないとは言い切れない。直接持ち主に聞いたわけじゃないし、ドイツの出版社にあのコーヒーメーカーが置かれているのをこの目で見たわけじゃない。いろいろな人が書いたいろいろな記事を読んで、僕はあの情報が正しいと信じたんだ。

そう、僕にとってはあの記事に書いてあることは紛れもなく「正しい」。でも、今たぶん君の中では、あの記事の正しさは揺らいでいるはずだ。ほんとかな?なんかこいつ怪しいし、もう少し調べた方がいいんじゃないかな?ほんとにこいつの言ってることは「正しい」んだろうか?

どうか誤解しないで欲しいんだけど、僕は「全てを疑ってかかれ」なんていうつもりはない。いちいちなにもかも疑っていたら大変だし、なによりそんなのすごくつまらない。大切なのは「何が本当に正しいのか」じゃなくて、僕がいま正しいと思っていることと、君がいま正しいと思っていることが違うということだ。「正しさ」というのは人によって違う、そのことを絶対に忘れちゃいけない。

君が自分は正しいと思っているように、君と反対の意見を持ったあいつもやっぱり自分が正しいと思っている。君が誰かのことを間違っていると思っているように、その誰かはきっと君のことを間違っていると思っている。自分が間違っていると分かっていて、間違った意見を言う人は誰もいないよね。同じように、君が誰かのことを「あいつは嘘つきだ」というとき、その誰かには君の事が嘘つきに見えるかもしれない。君が誰かのことを「あいつは悪いやつだ」というとき、その誰かには君は悪いやつに見えるかもしれない。

もちろん、ちゃんと確かめればどちらが正しいのか決められることもある。でも、それはとても気をつけてやらなきゃダメだ。だって、君も間違っているかもしれないんだから。それに、普通はどちらが正しいのかを決められないことの方が多い。

え、そんなこと言われなくても分かってるって?そうか、ならいいんだけど。...でも、人は悲しかったり、怒っていたり、いらいらしていたりすると、このことをすぐに忘れてしまう。たとえば、ケンカや、人殺しや、戦争や、テロはたいていそうやって起きる。

世界にあるのは「嘘と本当」の2種類じゃない。世界には沢山の「本当」があるだけなんだ。君がどの「本当」を選ぶのかは、君が自分で決めなくちゃいけない。誰かに選んでもらうことはできない。だから、よーく調べて、よーく考えて選ばなくちゃいけない。そして、一番忘れちゃいけないのは、君の目の前にいるあの人は、君とは違う「本当」を選んでいるかもしれない、ということだ。

君の「本当」を誰かに押し付けるのはやめた方がいい。だからと言って誰かの「本当」を何も考えずに採用するのもあまりおすすめしない。君が努力すべきなのは、2つの「本当」をひとつにすることじゃなくて、それぞれの「本当」のどこが同じで、どこが違っているかをちゃんと理解することだ。

*


検索サイトの使い方に話を戻そう。でも、ここまで書いたことを君がちゃんと理解してくれているなら、君は前よりずっと検索サイトを使うのがうまくなっているはずだ。

もし君が「事実」とか「真実」とか「正しい」とか「本当」なんていう言葉に出くわしたら、まず考えなくちゃいけないのは、「それが誰にとって正しいのか」ということだ。君が見ている世界と、彼や彼女が見ている世界は違う。まず想像力をフル回転させて、彼や彼女の目から見たら、この世界はどんな風に見えるかを想像してみることだ。彼が嘘をついているわけじゃない、彼女が間違っているわけでもない。彼や彼女には世界がそういう風に見えているんだ。

このことさえいつも気にかけていれば、ただの口汚い罵り言葉や、ページのあちこちに張り付いている邪魔な広告からだって、情報を手に入れることができる。「インターネットはごみ情報ばかりで役に立たない」なんて言っている人は、たぶんこういうものの見方を知らないんじゃないかな。

例を出そうか。「世界で一番有名なコーヒーメーカー」という君の選んだ言葉には、少なくともふたつの意味がある。ひとつは、朝ごはんの食卓や、喫茶店の奥でこぽこぽ良い香りを立てているあの機械のこと。もうひとつは、コーヒーを作っている会社のことだ(知っていると思うけど、「メーカー」という言葉には「製造会社」という意味がある)。普通は一方のことが知りたいと思っている人には、もう一方の情報は要らない。

でも、ちょっと考えてほしい。この言葉を聞いたときに君とはぜんぜん違うことを思い浮かべる人がいる。たとえば、コーヒーを作っている会社の社長さんは「世界一有名なコーヒーメーカー?え、それってうちのこと?」と思うかもしれない。もし、彼が君の目の前にずらっと並んでいる検索結果を見たらどんな風に見えると思う?あるいは、彼がホームページを作ったらどんなページになるだろうか?ほら、少し検索結果が違うものに見えてこないか?

これが、インターネットをうまく使いこなすコツだ。そして、たぶん、この世界とうまくやっていくための秘訣だと思う。

*


君はそろそろ、僕が何者で、なぜこんな文章を書いているのかを考え始めてくれているかもしれない。そう、そうじゃなくちゃ。今じゃなくてもいい、いつか君が、僕がなぜこの文章を書こうと思ったかに気づいてくれたら、とても嬉しい。大丈夫、いつか君が情報を受け取る側じゃなく、発信する側になったときには、きっと納得がいくと思う。ずいぶん長くなったけれど、僕の「本当」はここに書いておいた。次は君の番だ。

さて、僕の話はこれでおしまい。最後まで読んでくれてありがとう。そして、ようこそインターネットへ!

(Jul. 07 2005 updated)

by isana kashiwai