Garbage Collection


2008-11-28

§ [sts126] STS-126 Endeavour Mission Timeline : Flignt Day 15

さて、いよいよSTS-126は国際宇宙ステーションを離れ帰途につきます。ハッチは昨日既に閉じられました。ドッキングを解除した跡は、ISSの周りをぐるっと一周し、ISSに損傷などがないかをチェックする「フライアラウンド」と呼ばれる作業が行われます。そのあと、シャトルはISSからいったん離れ、軌道上で耐熱タイルなどに新たに破損箇所ができてないかをロボットアームでチェックを行います。

大まかな予定は以下の通りです。

19:55 : クルー起床
23:47 : アンドッキング
00:16 : フライアラウンド
03:45 : ロボットアームによる機体チェック
11:55 : クルー就寝
18:55 : クルー起床

§ SATELLITE ORBITAL DECAY

件の工具袋がどれくらいで落ちてくるのかが知りたくなったので、簡単なスクリプトを作ってみました。衛星の重量、断面積、軌道高度を入れると大気圏に突入するまでの日数を計算します*1*2

たとえば、10kg、0.25平方センチ、350kmを入れると、落ちてくるまでは73日という数字が出てきます。まあ、短くて1-2ヶ月、長くても半年という感じでしょうか。

工具袋の現在位置はこちらをどうぞ。
ref.GoogleSatTrack - Tool Bag & International Space Station~

*1 他にも、太陽活動の活発さを表すパラメータと地磁気の乱れを表すパラメータがありますが、概略の数値を知りたいだけなら、あまり気にしなくても大丈夫です。

*2 高度が180kmを切ったところで計算を止めていますが、ここから先は空気抵抗が急激に大きくなるので地上に落ちてくるまで数時間しかかかりません。