Garbage Collection


2008-11-30

§ [sts126] STS-126 Endeavour Mission Timeline : Lainding Timeline

というわけで、いよいよSTS-126が17日間のミッションを終え、日本時間の今日30日から1日にかけての深夜、地球へと帰還します。今回は、初日からケネディ宇宙センターとエドワーズ空軍基地の両方が着陸候補地とされています。いつもは初日はケネディ宇宙センターだけをターゲットとすることが多いんですが、今回、エドワーズ空軍基地からケネディ宇宙センターにエンデバーを運んでもスケジュールへの影響がほとんどないこと、すでにミッションが一日延長されていて残りの日程に余裕がないことなどから、最初から両方をターゲット二することにしたようです。

どうやら、ケネディ宇宙センターの天候はあまり芳しくないようです。場合によっては、今日の着陸も時間がずれるかもしれません。日本からだとちょっと辛い時間ですねえ。

今日のチャンスは4回、大まかな予定は以下の通りです(日本時間30日-1日の深夜)。

【1st attempt to KSC on rev248】NO GO
01:54 軌道離脱噴射Go/No Go判断
02:14 軌道離脱噴射開始
03:19 KSC着陸

【2nd attempt to KSC on rev249】NO GO
03:30 軌道離脱噴射Go/No Go判断
03:50 軌道離脱噴射開始
04:54 KSC着陸

【1st attempt to EDW on rev250】
05:00 軌道離脱噴射Go/No Go判断
05:20 軌道離脱噴射開始
06:25 EDW着陸

§ STS-126 Endeavour Landing

第1回目のケネディ宇宙センターへの着陸はNO GO

天候不順のため、最初のチャンスは見送られることになったようです。

第2回目のケネディ宇宙センターへの着陸はNO GO

天候不順のため、KSCへの着陸は見送られました。次の着陸候補地であるエドワーズ空軍基地の天候は良好。ただし、明日以降KSCの天候が回復する可能性があるなら、着陸を一日延ばすことも検討するとのこと。

STS-126はエドワーズ空軍基地への着陸へ

KSCの天候が明日も回復する見込みがないため、本日エドワーズ空軍基地への着陸が試みられることになりました。エドワーズ空軍基地の天候は良好とのこと。

05:20 軌道離脱噴射開始

STS-126は軌道を離れ、カルフォルニアのエドワーズ空軍基地に向かって降下を開始しました。着陸予定時刻は日本時間6時25分です。

05:53 Entry Interface (再突入開始時間)

これはオービターの高度が40万フィート(121.9km)を切る地点で、大気圏突入のプロセスの基点となる時間です。機体が大気の影響を受け始め、クルーはかすかなGを感じ始めます。

05:58

最初のロールを開始しました。オービターは、速度を落とすために大気中で大きく2回のS字カーブを描きます。これはその最初のカーブ。シャトルは現在、左側に機体を傾けた姿勢でをしています。

06:00

現在、最も機体の温度が高くなる領域を飛行中。

06:07

ロールリバーサル開始。左ロールから右ロールへ移行します。

06:12

再び左ロールへ移行

6:13

GPSによる位置情報取得開始

6:17

地上カメラが機体の姿を捉えました。

06:18

ディスカバリーの速度がマッハ2.5まで下がり、気圧などの外部のデータを直接拾い始めました。

06:20

着陸5分前。

6:22

パン、パン! ソニックブーム

6:24

滑走路と正対。着陸1分前。

6:25

タッチダウン!おめでとうございます!!!